戻る 使い方を表示
名前 高安千塚古墳群 大窪・山畑(やまたけ)8号墳
分類 史跡
画像
指定文化財 市指定文化財
解説  最も古墳が集中する服部川支群の北側の「大窪・山畑支群」に位置し、来迎寺の境内にあります。

 6世紀中葉頃の円墳と考えられ、良好に残っている横穴式石室の石組みは、小振りの石を5~6段積みにしており、高安千塚古墳群の造営が開始されて間もない初期の横穴式石室の構造がよくわかり、古墳群に葬られた人々の系譜を考える上でも重要です。
[平成20年3月21日指定]
種類 古墳
時代 古墳時代後期
関連する文化財 高安千塚古墳群、大窪・山畑7号墳、開山塚古墳、二室塚古墳、郡川2号墳・3号墳・3-B号墳・4号墳、俊徳丸鏡塚古墳
場所 A地区
所在地 八尾市大字大窪
地図