戻る 使い方を表示
名前 愛宕塚(あたごづか)古墳出土品 [土器類(どきるい)]
分類 文化財
画像
指定文化財 府指定文化財
解説  直径約22.5mの円墳で内部構造は南向きの両袖式(りょうそでしき)の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)です。
 石室の大きさは、東壁16.7m、西壁16.3m、羨道部(せんどうぶ)9.5m、玄室部(げんしつぶ)7.0m、羨道幅2.1m、石室幅は奥壁で2.5m、高さは玄室で4.1mあり、大阪府下最大級です。盗掘(とうくつ)を免れた副葬品(ふくそうひん)が多数検出されました。

【土器について】
 愛宕塚古墳で出土した多数の土器は、時期幅がありますが、主に6世紀代の須恵器(すえき)・土師器(はじき)が多数出土しています。
 須恵器には大型器台をはじめ、壺・はぞう・高杯(たかつき)・台付壺等合わせて百点あまりが検出されています。また、土師器には高杯や須恵器を模した壺等もあります。
 これらの土器は、愛宕塚古墳の時期を決める上で重要な資料となります。
[平成7年12月13日指定]
種類 考古資料
時代 古墳時代後期
関連する文化財 愛宕塚古墳出土品[装飾付大刀]、愛宕塚古墳出土品[鉄地金銅張馬具類]
場所 歴史民俗資料館
所在地 八尾市千塚3丁目
地図